about

松井 久子(まつい ひさこ) / 映画監督・プロデューサー

1946年東京出身。早稲田大学文学部演劇科卒。
フリーライター、テレビドラマ・ドキュメンタリーのプロデューサーを経て、1998年52歳のとき映画『ユキエ』で監督デビュー。2作目は認知症の家族愛を描いた『折り梅』が2002年に公開され、2年間で100万人の動員を果たす。2010年には彫刻家イサム・ノグチの母の生涯を描いた日米合作映画『レオニー』を発表。2013年春より世界公開された。2015年『何を怖れる フェミニズムを生きた女たち』、2016年5月『不思議なクニの憲法』と立て続けに2作のドキュメンタリー映画を手がけ、自作の上映会や講演で全国を飛び回っている。

著書:『ターニングポイント〜「折り梅」100万人をつむいだ出会い』(講談社)
   『ソリストの思考術・松井久子の生きる力』(六耀社)
編書:『何を怖れる フェミニストを生きた女たち』(岩波書店)
聞書き:『教える力・私はなぜ中国のコーチになったのか』(井村雅代著・新潮
    社)『シンクロの鬼と呼ばれて』(井村雅代著・新潮文庫)